人は、自分と他人を比べて

自分より優れている人に対して「やっかみ」という感情を持ちます。

 

嫉妬、憎悪、劣等感…

という「やっかみ」によって自分の行動まで変えてしまいます。

 

やっかみを抱えた人は、やっかみという感情によって人生を阻害される事になります。

 

やっかみを抱えた人は…

「価値観に服従する」

もしくは

「価値観を転覆させる」

という行動を起こすからです。

 

例えば、周りの人がお金持ちばかりの環境で

自分だけがお金持ちではないとしたら…

 

「自分もお金持ちと同じ生活をして、周囲の価値観に服従する」

という行動で、自己肯定しようとします。

 

もしくは…

「お金は汚くていやらしい物、と言ってお金持ちの価値観を転覆させる」

という行動で、自己肯定をしようとします。

 

どちらにせよ「やっかみ」によって

自分の価値観や相手の価値観を曲げようとしてしまいます。

 

これが、人生を阻害されるという事です。

 

やっかみによって生まれるのは

周りの価値観に服従するか…

周りの価値観を転覆させるか…

という事だけです。

 

嫉妬、憎悪、劣等感…

そういった感情に振り回されずに

「自分の価値観を認め、相手の価値観を認める」

それが自分の人生を生きる為に大切な事なのです。