誰もが考えている「強さ」は、本当に強さなのでしょうか。

 

「強い」と思っていたものが、実は弱かったり…

「弱い」と思っていたものが、実は強かったり…

という事は日常に溢れています。

 

例えば…

高級車には誰もが憧れ、ステータスとなります。

大企業で働く事は、誇れるステータスとなります。

 

しかし、それらが強いのは

あくまで「問題なく動いている間」の話です。

 

いくら高級車に乗っていようが、災害時には車が使えなかったという事案もあります。

「問題なく動かない状況」では、高級車よりも自転車の方が強いのです。

 

いくら大企業で働いていても、会社が傾けば大企業で働いている事に意味などありません。

「問題なく動かない状況」では、高給を貰う大企業に勤めるよりも、自分の生活する分を稼げる個人事業主の方が強いのです。

 

このように

問題なく動いている間は、その強さを誰も疑いはしません。

 

真に大切な事は、問題なく動かなくなっても強い自分を作るという事です。

 

それはつまり…

形や見栄に捉われずに、自分自身の能力を磨く事なのです。

 

持っている物

働いている会社

住んでいる家

付き合う人

着ている服

そういったもので強くあろうとしても、それは真実ではありません。

 

本当の強さとは、「あなた自身の力がどうなのか」という事なのではないでしょうか。