成長していく為に必要なのは

自分の言動に「根拠を持つ」という事です。

 

日々、行う行動…

日々、話す言葉…

そういったものに「なぜ、これをやるのか」という根拠を持つ事が成長のスピードを加速させます。

 

何かが成長していく過程は、行動と修正の繰り返しです。

 

行動した事を振り返り…

振り返った結果を修正する…

そしてまた次の行動を起こす…

この過程に「言動の根拠」が無ければ、修正も次の行動も曖昧なものになってしまうでしょう。

 

逆に言えば

根拠のある失敗は、根拠のない成功よりも意味があります。

 

周囲からどんな評価を下されたとしても…

そこに自分なりの根拠があっての行動は、成長の種となります。

 

周囲からどんなに褒められたとしても…

自分なりの根拠も何もない行動は、単なる偶然です。

 

例え三振したとしても、根拠のある三振は実りあるものであり…

例えホームランを打っても、単なる偶然では次はないのです。

 

根拠ある行動が多くなればなるほど

あなたの完成はより磨かれ

あなたの言動は周囲を魅了するものになるでしょう。