あなたが死ぬ時、誰になんと言われたいでしょうか?

 

それがあなたの目指すところです。

 

そこに対して意味のないことをやる必要はないのです。