コーチングに限らず、誰かの相談に乗る際に

心掛けたい事があります。

 

「見返りを求めない」

ただこれだけです。

 

多くの人は、相談に乗る時

無意識に「見返り」を求めて相談に乗ります。

 

例えば、悩みを解決してあげる事で

カッコいいと思われたい…

尊敬されたい…

感謝されたい…

頼られたい…

といったような、形ではない「見返り」を求めてしまいます。

 

これは、人の心理であり

無意識にそう考えながら相談に乗ってしまうのです。

 

「見返り」を求めた時点で

相談相手としてはふさわしくない存在になります。

 

見返りを求めるという事は

その瞬間から相手よりも、自分の事を考えているという事です。

 

悩み相談の目的は「解決」する事であって…

「あなたの評価を上げる事」が目的ではないのです。

 

本当に相手の事を思うなら…

つまらない承認欲求は捨てて

「無償の対応」を心がけるのです。

 

たったこれだけの事で

あなたは誰からも頼られ、相談される存在になれるでしょう。