やっぱり、熱く生きたいなあと思います。

 

最近、学生にコーチングする機会も増えてきて…

自分を振り返る事も多くなりました。

 

大人になればなる程…

歳をとればとる程…

なんとなく冷めていく人がほとんどだと思います。

 

それは、世の中の仕組みを知って…

自分の立ち位置を知って…

色んな答えを知って…

どんどん「分かった気になる」からではないでしょうか。

 

分からない事が恥ずかしい…

知らない世界に飛び込むのが恥ずかしい…

 

なんでも分かったフリをしてれば、とりあえず恥をかく事はありませんからね。

 

しかも、自分に対して冷めてるだけならまだしも…

 

人の挑戦や頑張りに対しても冷めてる訳です。

 

それが、世の中の当たり前になってるんですよね。

 

そういうのが、すごく寂しいんです。

 

だからコーチングをしている訳で…

 

関わる人は、みんな熱い人であってほしいと思っている訳です。

 

それはただ単に…

仕事に熱くなるとか

遊びに熱くなるとか

熱血漢になるとか

そういう事ではなくて…

 

「自分がコレと思った事を貫く」

という熱さです。

 

「自分の感性を信じる」

それを貫く人であってほしいし…

それが恥ずかしい事ではなく、カッコいいと思われる世の中になってほしいです。

 

目の前にいる人が、自分を信じて挑戦できる。

そんなコーチングがこれから求められるようになるでしょう。