ビジネスや仕事で結果を出す為には

「想い」と「実務」が必要です。

 

「想い」とは、自分のこだわりであり、仕事に対するアイデンティティです。

そもそも、想いが無ければ、仕事上の壁や困難も乗り越えられないし

想いのない仕事は、誰にも響きません。

 

「想い」とは仕事に対する燃料のようなものです。

 

その「想い」だけで全てが上手く進めばいいのですが…

そんなに簡単にいかないのが現実です。

 

想いだけで上手くいくなら、誰もが気持ちだけで成功します。

 

そこで必要なのが「実務」です。

 

「想い」をカタチにする為には、実務が必要です。

 

「想い」をカタチにする為に何をどうすればいいのか?

という具体的な知識の事です。

 

やり方を知らなければ、想いも実現はしません。

 

「実務」とは目的地まで行く地図のようなものです。

 

まずは、「想い」という燃料を充実させましょう。

そして、その燃料を使って

「どうやって行くべきか」という地図を元に走りだすのです。

 

「想い」と「実務」

その両方が揃った時に、誰かの心に響く仕事が出来るでしょう。