「目的」を達成する為に、あらゆる「手段」が存在しています。

 

手段とは目的の為にやる事ですが…

手段そのものが目的になってしまう事があります。

 

例えば、「クライアントを増やす為に、ブログを毎日書く」という設定をしたとします。

この時の目的とは「クライアントを増やす」という事で…

その為の手段として「ブログを毎日書く」という事です。

 

しかし、気付けば手段が目的になってしまうのです。

「クライアントを増やす」という目的を忘れてしまい…

手段の一つであった「毎日ブログを書く」という事が目的になってしまうのです。

 

こうなると、「なんの為に?」という事があやふやになるので

ブログを書くという事がただの苦痛な作業になってしまいます。

 

手段が目的にすり替わってしまう事は往々にしてあります

 

晩御飯のおかずを買う為に車に乗ったのに…

それを忘れて、ただドライブして渋滞に巻き込まれているようなものです。

 

もし、仕事や目標に対して苦痛だと感じるなら

「目的」を見直す必要があります。

 

「何の為に、この仕事を選んだのだろう」

「何の為に、この手段を選んだのだろう」

目的を思い出したり、見つかれば、手段を見直せばいいだけです。

そこに目的が見つからなければ、何かを変える必要もあるでしょう。

 

「目的」を見直せば、目の前の「手段」は自ずと意味あるものになるでしょう。