コーチングのやり方にも、相手のレベルに合わせた段階があります。

 

例えば、小さな子供にいくらコーチングをしても…

そもそも答えなど持っていないので意味がありません。

 

その場合はコーチングよりもティーチングが必要になります。

 

逆に、たくさんの知識や経験を持つ人には

どの答えがベストなのかをコーチングによって明確に引き出すことが必要です。

 

このように、相手によってコーチングの段階も変えていく必要があります。

 

そこの見極めも、コーチにとっては重要なスキルです。

 

ただ、やみくもに質問責めをしてコーチングっぽいことをしても意味がありません。

 

時には、ティーチングが必要な時もあり

時には、コーチングが必要な時もあります。

 

コーチングとは、相手が主体です。

相手にとってベストな関わり方は何か、常に考えるのがコーチの役割なのです。