僕が起業して出会った方に…

年齢でなめられた事は数知れません。

 

初対面で

「代表取締役です」

と自己紹介すると

「え?若いね〜」

と言われ…

名刺を渡せば

「ん?大丈夫?この会社…」

という顔をされました。

 

しかし、仕事をやっていて分かりました。

 

ビジネスの世界は、結果を残せば年齢や性別は全く関係無いんです。

 

一般的な社長のイメージは、経験を積んでいる50代、60代です。

しかし僕は20代で…

若いからといって成功できないという事は決してありません。

 

むしろ若いからこそもっている

高揚感

決断力の強さ

怖いもの知らず

自信

負けん気

などは、良い影響を与え好結果を生むのです。

 

結局は

若さをハンデと取るか…

武器と取るか…

その差でしかないのです。

 

短所も、捉え方によっては大きな武器になります。

 

今の自分しかできないものを、どう扱うか…

そこが差別化を図るカギなのです。