人に対して、好き嫌いは必ずあるものです。

私自身もそうです。

 

ただし…

自分の好き嫌いだけで

人を「良い」とか「悪い」とか評価して判断するのは違うんじゃないかと思います。

 

人が生きる上では、必ず何かしらのコミュニティに所属しています。

 

そのコミュニティにはルールやマナーがあります。

 

ほとんどの人は…

そのコミュニティのルールやマナーを、

あたかも「この世のルール」と勘違いして

人を評価して判断しているのではないでしょうか。

 

例えば、職場の中で「みんなが嫌っている」という人がいます…

仕事に対しての姿勢…

職場というコミュニティの中での人間性…

それは、嫌われるに値することもあるかもしれません。

 

だからと言って、

人格を否定する…

存在を否定する…

その人自身を否定する…

そんな事があってはならないのです。

 

どんな人にも、必ず…

「存在価値」はあるのです。

 

小さなコミュニティの中で、人を評価なんか出来ないのです。

 

仕事が出来ない…

マナーがなっていない…

ルールを守れない…

常識を知らない…

人としておかしい…

 

それは、所属しているコミュニティの中での話です。

 

そんな狭い世界で、

人に対して「ああだ」「こうだ」評価して…

そんな事で人間関係が良くなる訳がありません。

 

そんな狭い価値観は捨てて…

すごく視野を広げて…

もっと人を人として見てあげる事が大事ではないでしょうか。

 

 

私たちコーチが、なぜ相手を認める事ができるか…

 

それは、表面上の綺麗事だけはなく…

 

「生きているだけで存在価値がある」

 

と、心の底から思って接しているからです。

 

 

狭い世界で悩む必要もなければ…

狭い世界で人を評価する必要もありません。

 

この世に生まれて生きている…

それ以上でも、以下でもないのです。

 

人は生れながらにして、対等であり…

何がどう起ころうが、それは不変なのです。

 

今、あなたの周りにいる人に対して…

「生きているだけで価値がある」

そう思って接してみてください。

 

1人1人がそう思うだけで…

世の中は劇的に変化するでしょう。