例えば、スマホに保存容量があるように…

人にも容量があります。

 

様々な情報や知識を詰め込みすぎたり、考え事によって容量が一杯になると

動きが重たくなったり、調子を崩してしまいます。

 

人にも、心や頭の「余裕」が必要です。

 

気持ちが悪い状態の時は、ついつい「より多くの何か」を求めてしまうものです。

 

しかし…

アウトプットする事で、心の余裕を作ったり…

情報を遮断する事で、心の余裕を作ったり…

一杯一杯にならないような工夫が必要です。

 

空白があるから、前向きなアイディアが生まれ

余裕があるから、本当に必要な事が入ってきます。

 

きつい時は、思い切って頭の中にあるものを手放してみましょう。

 

余裕のある自分が、良い状況を招いてくれるでしょう。