組織の生産性を上げる為にも

判断や行動のスピードは、最も重視される事柄です。

 

上司に何度も相談したり…

逆に部下を不必要に探ったり…

コミュニケーションの低下によって、スピード感が失われてしまいます。

 

コミュニケーションの向上を図る事で、組織内の生産性も向上するのです。

 

その為にも

コーチングのできる管理職を配置する事をお勧めします。

 

コーチングによるコミュニケーションで…

部下は自然と自分で考え、適切に行動し…

責任を取る事のできる人材に育ちます。

 

また、上司にとっても

コーチングを取り入れる事により…

部下の気持ちや本音に触れる事ができます。

 

管理職が

「聞く」

「承認する」

「相手から引き出す」

といったコーチングスキルを学ぶ事で、

社内のコミュニケーション環境が著しく変わるのです。

 

結果…

組織の生産性が向上するのです。

 

私が最近感じている事ですが…

組織がコーチングを導入する目的が

単に流行りで導入したり

個人のモチベーションアップ

という抽象的な目的から
「組織の生産性の向上」という、
より明確な目的を求めているようになってきたと感じます。

また、コーチングによる
本格的な人材育成の流れも、
はっきりと感じている今日この頃です。