今日は、なんと…

静岡のお客様が、遥々来てくださいました。

 

普段は電話やLINEのやり取りですが…

「大分に行くので是非!」

と言って頂き、会社に来てくださいました。

 

現在、当社では大分以外にも…

静岡

青森

大阪

福岡

熊本

全国各地のお客様に支えられています。

 

基本的に県外のお客様は、電話でのコーチングが中心です。

 

ブログやHPからお問い合わせを頂き…

電話でコーチングをします。

 

直接お会いした事のないお客様もいます。

 

それでも、当社のコーチングを必要として頂いている事には感謝しかありません。

 

心理学の世界で「メラビアンの法則」というものがあります。

 

人と話すとき、相手に伝わるのは…

言語情報が7%

聴覚情報が38%

視覚情報が55%

である、という法則です。

 

言葉の内容や意味から伝わるのが7%…

声質やトーンから伝わるのが38%…

仕草や態度から伝わるのが55%…

 

つまり、言葉の内容や意味のほとんど伝わっていないのです。

 

それよりも…

話す声やトーン…

仕草や態度…

それらを使って「いかに会話するか」という事の方が重要なのです。

 

ただし、電話でコーチングをする時…

55%を占める「視覚情報」は使えません。

 

言葉の内容や意味である「言語情報」

声の質やトーンである「聴覚情報」

 

これらでコーチングを成立させます。

 

当社のコーチは

相手が見えない状況でも…

いかにして「聴くか」

という事を重要視しています。

 

もちろん会って話す事に越したことはありません。

 

でも…

「聴く」というコミュニケーションだけで仕事が成立してしまうぐらいに

「聴く」

という事は重要なコミュニケーションなのです。

 

コーチングの基本である「傾聴」は

コミュニケーションの基本です。

 

友人、家族、恋人、仲間…

身近な人の話を聴いていますか?

 

いま一度、コミュニケーションの在り方について考えてみるのもいいかもしれません。