「自ら、コーチングを受ける」

それ自体が、コーチングを効果的にする為の第一歩です。

 

コーチングを受けるまでには

自ら、コーチングを受けようと決意して…

自ら、申し込みをして…

自ら、初めてのコーチングを受けに行く…

という過程があります。

 

この時点で、意味あるコーチングにする為のスタートは切れているのです。

 

私は、コーチングの魅力を伝える事はします。

コーチングを受けやすい仕組み作りもします。

しかし

営業はしないし…

コーチングを受けませんか?とも誘わないし…

見込み客がいてもこちらからアクションは起こしません。

 

言われたから…

誘われたから…

そうやって受けるコーチングには

「自ら」という大事な過程が抜けているからです。

 

コーチングは

クライアントとコーチが、高い熱量で協働してこそ成り立ちます。

 

今、コーチングというパートナーシップを組んでいるクライアントの方々は…

「自ら」という勇気ある一歩を踏み出した人です。

 

中には、何ヶ月も電話する勇気が出なかったと言う方もいます。

 

その勇気を賞賛して…

その気持ちに応えるために、本気でコーチングに取り組みます。

 

勇気を出して電話をしてくれる。

勇気を出してメールをしてくれる。

勇気を出してコーチングを受けに来てくれる。

そういった人達の為に…

コーチングを受けた事を絶対に後悔させない。

コーチングを受けて良かったと思ってもらえる。

 

そんなコーチングを提供し続けます。