昔の自分…

それこそ、コーチングを始めた頃の自分。

 

メールやLINEのやり取り…

メモ帳やスケジュール帳…

それこそ、このブログ…

自分で見返すと、とても恥ずかしいです。

 

必死さ、虚勢、勢い、レベルの低さ…

それを見るたびに、恥ずかしくてたまりません。

 

でも、それがいいのかもしれません。

 

コーチングを始める前の、何も出来なかった自分を思い出しても

恥ずかしいことなんかないです。

 

なぜなら、なんのアクションも起こして来なかっただけだからです。

 

恥ずかしいのは、それだけ必死でやったという証拠なのかもしれません。

そして、それを恥ずかしいと思えるということは、それだけ成長している証拠なのかもしれません。

 

何もしなければ、振り返ったところで

恥ずかしいも何もないでしょう。

 

いつか、今の自分を振り返ったとき…

もしかしたら恥ずかしいことをしているかもしれません。

 

それがいいのです。

 

いつか、今の自分を笑えるように…

今は必死でやればいいのです。