人生は「どうでもいい事」で溢れているように思います。

 

やらないといけない事にしろ…

考える事にしろ…

悩む事にしろ…

反省する事にしろ…

ほとんどの事は、実はどうでもいい事なのかもしれません。

 

日頃、行動し、考え、思い煩っている大半はどうでもいいのです。

 

それなのに、私たちはそれをコントロール出来ません。

 

指示されたら何も考えずに「やらないといけない」と思い込み…

これから起こる事について「考えなければいけない」と妄想し…

どうしようもない過去に「悩んで向き合わなければ」と囚われ…

失敗に対して「なんで失敗したのか」と自分を追い込み…

どうでもいい事ばかりに心をかき回されて、日々をこなすだけです。

 

よく考えてみたら…

ほとんどの事はどうでもいいはずです。

 

「どうでもよくない」という人はもっと考えてみてください。

それらの事は、あなたにとって重要なのではなく…

「誰かにとって重要」なだけです。

 

もし、余裕があって誰かの為に手伝ってあげるのはいいでしょう。

しかし、「誰かにとって重要な事」をあなたが抱える必要などありません。

 

人生はそんなに長くない上に

誰かの問題に踏み込んで一緒に悩むほど余裕のある人も少ないでしょう。

 

今の自分を思い返した時に、今やっている事は自分にとって重要な事でしょうか?

その課題を放置して本当に困るのは誰でしょうか?

 

そうでないのなら、NOという勇気も必要です。

 

あなたの人生です。

自分にとって重要な事を真剣にやるだけでいいのではないでしょうか。