「上手くいく方法」を説いた本やノウハウは溢れています。

 

どれも間違いではないでしょう。

 

しかし、1番の方法は「自分のやり方」ではないでしょうか。

 

「これが正解」に従う必要などありません。