ネットで、色々な情報やニュースを見て

「これはいい」

「あれはいい」

と思ってしまうことが多々あります。

 

いわゆる流行りとか風潮によって、全て正しいもののように見えてしまう訳です。

 

でも、冷静になると全く別の方法が「いい」と言われていたり…

もう訳が分からなくなってきます。

 

何が正解で、何が間違いなのか…

そんなものは本来存在しないはずなのに、目に入る情報によって「正解がある」と惑わされていきます。

 

その度に、「結局は、自分で決めていくしかない」と思います。

 

私は、それを「感性」と表現します。

 

結局は、自分の感性でしか答えは出せないのです。

 

自分の思う正解…

自分の思う不正解…

それを大事にして、更に「他人の正解、不正解も認める」ことが大切です。

 

自分の感性によって決めた答えは、惑わされることのない軸となっていくのです。