コーチングでは、

コーチの話よりも、クライアントに話をしてもらうという事が大前提です。

 

話してもらうというのは、クライアント自身が「気付く」という過程において非常に重要です。

 

クライアントの話している内容や、その裏にある本心、導きたい答えは

会話としてアウトプットをすればするほど明確になっていきます。

 

そして、その話を一番身近で聞いているのは

コーチよりもクライアント自身なのです。

 

自分自身で話しながら

本心に気付いたり…

自分の中にある矛盾や葛藤に気付いたり…

どうなったらいいのか明確になったり…

どうすべきかに気付いたり…

最終的な答えに辿り着いていくのです。

 

極端に言えば、コーチが一切何も言わなくても…

クライアントが独り言のように話していくだけで、答えには辿り着きます。

 

しかし、独り言でそこまで辿り着くのは難しいもので…

コツがあったり

心理的なポイントがあります。

 

だからこそ、「答えを見つけるルート」に沿って最先端でいけるように

コーチは質問などの技術で答えまで導くのです。

 

何よりもまず

クライアント自身が話をする…

クライアント自身が自分の話を聴く…

その環境と雰囲気を作る事が求められます。

 

答えが出るまで、話させて忍耐強く聞いてみてください。

 

これまでにない答えが見えてくるでしょう。