この世に「完璧な人間」は存在しません。

だからこそ「誰にでも可能性はある」のです。

 

ここでいう「完璧な人間」とは…

どんな事でも完璧にこなせる人間の事です。

 

しかし、そんな人はいません。

 

例えば、野球の上手い人からといっても…

サッカーが上手いとは限りません。

 

数学が得意な人でも…

英語が得意とは限りません。

 

同じように

あなたの職場で完璧に仕事をこなす人でも…

他の仕事や環境でも完璧な訳ではありません。

 

つまり…

ある環境で完璧だとしても

他の環境では必ずしも完璧な訳ではないのです。

 

完璧な人は存在しないのです。

 

完璧は存在しないからこそ…

誰にでも平等に可能性はあります。

 

要するに…

「自分が完璧になれる環境」

に身を置くかどうか、それだけの事です。

 

「完璧に見える人」は

「完璧になれる環境」に身を置いているからそう見えるだけです。

 

逆に

周りから「ダメ人間だ」と言われたとしても

自分が完璧にこなせる仕事や環境がどこかにあります。

 

自分には能力が無い…

自分には才能が無い…

 

そう嘆く暇があったら

「自分の能力を最大限に発揮できる環境」

を見つける努力をした方がいいです。

 

あなたの可能性が無い訳ではなく

あなたの可能性を発揮できる環境に居ないだけなのです。