本日の夜から、大阪へ出張に向かっています。

それを決めたのが、3日前でした。

アポを取って、チケットを取って、今大阪に向かっています。

 

なんか、行きたいな〜と思ったんで行くと決めました。

 

それは、私が自由だからこそできる事です。

 

サラリーマンを辞めた理由は色々あるんですが…

 

突き詰めていくと、結局のところは

 

「自分で選択できる人生を生きたい」

 

という事に尽きるんです。

 

 

仕事内容はもちろん…

どう時間を使うか…

どうお金を使うか…

誰と関わるか…

どこに住むか…

誰をお客さんにするか…

どんな服を着て仕事をするか…

どんな会社を作るか…

どんな夢をもつか…

どんなルートで夢にたどり着くか…

 

自分の全てを、自分で選択できる人生を生きたかったのです。

 

それが私にとっての「自由」です。

 

全てを自分で選択できる自由を手にするために…

「不自由」となる事をすべて捨てました。

 

人はだれでも「自由」が良いに決まっています。

 

それでも人は

「自分で選択できない不自由」と引き換えに…

「安定された生活」を手にしています。

 

その人生が嫌だったから、飛び出しました。

 

誰かに安定させられて、不自由に耐え忍ぶ事ができなかったのです。

 

 

「自由」を手にするのは簡単じゃありません。

 

誰かを悩ませたり…

誰かを悲しませたり…

誰かに嫌われたり…

誰かに妬まれたり…

 

何かを手に入れるという事は、何かを手放す事です。

 

28歳にしては、あまりに自由すぎるので…

私を知らない人にあれこれ言われる事もあります。

 

でも、そんな事はどうでもいいのです。

 

サラリーマンを辞めた時点で、普通の人生なんか捨てました。

 

「自分の人生を自由に生きる権利」をまっとうします。

 

サラリーマンにはできない事をやりたい。

枠の中ではできない事をやりたい。

 

何かを捨てる覚悟は、いつでもできています。