例えば、私は大分で事業をしているので

あえて東京に毎月行きます。

 

東京に行くと

大分で考えている事…

悩み…

ビジョン…

そういったものは、とてもちっぽけに思えます。

 

少なくとも

生まれ育った大分で事業をしている私にとっては

東京は、多くの人間が存在し

多くの機会があります。

 

今後、東京でも事業を展開していく事を考えています。

 

しかし東京に慣れると、東京もちっぽけだと思うようになります。

 

そして、もっと広い世界に飛び出たいと思うでしょう。

 

つまり、何が言いたいかというと

「人は常に広い世界に飛び出すから成長する」

という事です。

 

産まれた時は、自分の家しか知りません。

それから、保育園や幼稚園という世界に広がり…

小学校へと広がり…

高校、大学、職場…

そうやって、人は常に「今よりも広い世界」へと出て行く事で成長します。

 

それなのに、多くの人は落ち着きます。

 

住む場所が落ち着き…

仕事の内容が落ち着き…

付き合う人が落ち着き…

全ての生活環境が、落ち着きます。

 

気付かぬうちに、成長が止まってしまいます。

 

結果…

「今の世界が、この世の全て」

という錯覚に陥ってしまいます。

 

あなたにたって

今よりも、少し広い世界はどこでしょう?

 

旅行でも

仕事でも

なんでもいいです。

 

今よりも、少し広い世界に飛び出す事があなたの成長を加速させるでしょう。