誰でも「臭いものには蓋をしたい」という心理を持っています。

 

自分の弱い部分

不完全な部分

自分の短所

そういったものを出来るだけ見ないようにして、気付いていないフリをします。

 

しかし、その結果

自己責任ではなく、何かのせいにしたり…

自分のせいではないと言い訳したり…

自分で自分を良い方向に持っていく事が難しくなります。

 

そうなった瞬間に、人の成長は止まります。

 

コーチングとは、その蓋を外してみる事でもあります。

 

見たくない部分をしっかり見つめ…

誰かのせいではなく、自分がどう変わるのか。

 

そこに向き合えば、全ての状況は自分で変える事ができます。

 

問題の原因を探して

誰かのせいにしてみたり

何かのせいにしてみたり

いくら外を探しても、どこにもありません。

 

すべての原因は、自分の中にあります。

 

あなたの中にある蓋を外して、向き合ってみましょう。

 

その行動があなたを強くするでしょう。