今、思い返せば…

かつて、自分が「正しい」と思い込んでいたことは、簡単に覆されてきました。

 

人は、成長したり歳を重ねるごとに、考え方や見方は変わります。

また、体験を通じて変化もしていきます。

 

いとも簡単に、自分の正解は覆されます。

 

しかし、かつて正しいと思い込んでいたことが覆りそうになる時に…

「そんなはずない」

という気持ちが邪魔をします。

 

なぜなら、自分が正しいと思い込んでいることが覆るということは

自分の考え方を否定することにもなるからです。

 

結局は、過去の自分に対する執着によって

素直に新しい考え方を受け入れることが難しくなるのです。

 

一番の敵は、そこかもしれません。

 

これまでの自分が正しいと思ってきたこと…

間違いないと思ってきたこと…

これまで培ってきた経験…

これまで身につけてきた知識…

そういったものに執着することで、自分自身のアップデートを止めてしまうのです。

 

なので、そんなものは捨ててしまいましょう。

 

状況は、常に「今」更新されています。

 

捉われず、柔軟に…

過去が覆ることを受け入れると、物事はスムーズに進むのではないでしょうか。