「自立する」という事は、「見返りを求めずに自分の行動を決められる」という事です。

 

人は、自分の行動に対して「見返り」が欲しくなるものです。

お金という見返り

尊敬という見返り

感謝という見返り

御礼という見返り

そういった見返りを前提として、行動を決めています。

 

裏を返せば…

「見返りがなければ何もしない」という事であって

それはつまり…

「誰かに依存しなければ何も出来ない」という事です。

 

例え収入が高くても、仕事をバリバリこなせても

見返りがあるなら頑張る…

見返りがなければ頑張らない…

そこには「自分の意志」というものは存在しません。

 

本当の意味で、精神的に自立している人に共通しているのは

見返りがあろうとなかろうと、自分の意志で行動を決めているという事です。

 

他者からの見返りに依存しない。

他者からの評価に依存しない。

だから、自分の意志で自分をコントロールする事が出来るのです。

 

本当の意味で、「自分の足で立つ」という事は…

見返りがなくても自分で決めた事に対して、自ら責任を取るメンタリティが必要なのです。