「言葉」よりも、感覚や感じている事を大事にしたいと思っています。

 

コーチングでも、クライアントが発する言葉よりも

その言葉の裏にある「感覚」「感情」といった事を聴いてあげる事が大事なのです。

 

言葉や表情というのは、あくまで「結果として表現されたもの」に過ぎず…

本当に知りたいのは、

なぜその言葉が出てきたのか

なぜその表情が出てきたのか

という理由にこそ、答えは隠されています。

 

優れたコーチというのは

言葉をきっかけに、その裏にあるものを敏感に察知します。

 

コーチが聴いているのは「言葉」ではなく、裏にある「感覚」です。

 

誰かの話を聴くとき、言葉ばかりに注目してはいないでしょうか?

その裏を聴こうとする姿勢からコーチングは始まるのです。