コーチの役割をすごく簡単に表現するなら

「話を聴いてくれる人」

です。

 

悩みや迷い、これからのビジョン…

過去…

現在…

未来…

それらを「聴く」という技術で様々な効果を生み出します。

 

コーチという職業があるのは、

人間にとって「話を聴いてもらう」という事が重要であるからです。

 

と、いう事は…

逆の立場になって考えると…

「話す」

という事が重要であるという事です。

 

 

なぜ、話す事が重要なことなのか…。

 

「話す」という事は、頭の中にあるものを「アウトプットする」という事です。

 

自分の内側にあるものを吐き出す…

 

ただ吐き出すだけではなく、

相手に伝わるように吐き出す…

 

それが無意識であったとしても

その過程で情報は整理されているのです。

 

例え整理されていない情報でも…

アウトプットの過程で、強引に整理されていくのです。

 

その過程を促すのが、コーチングです。

 

プロのコーチとしてやっていくにはそれなりの技術が必要です。

 

でも、コーチングは誰にでもできるコミュニケーションスキルであるのです。

 

ただ、話を聴いてあげるだけでいいんです。

 

どんな問題も、2時間も話をすれば大抵のことは解消されます。

 

周りにいる人の話を聴いてあげてください。

 

それだけで、あなたの周りの人は救われるでしょう。