人は、人と関わって生きているので

人と人はお互いに影響しあっています。

 

なので、人にとって「どんな環境にいるか」というのは

その人が創られる上で重要な事です。

 

多くの場合、

優等生は優等生と連み…

不良は不良と連み…

お金持ちはお金持ちと連み…

人気者は人気者と連みます。

 

コーチングをしていても、クライアントがどんな環境に身を置いているかというのはとても大事にしています。

 

一番、簡単に、無理なく変わる方法は

理想の環境に身を置く事だからです。

 

経営者になりたいなら、経営者と付き合うのが一番の近道です。

成功したいなら、成功している人と付き合うのが一番の近道です。

お金持ちになりたいなら、お金持ちと付き合うのが一番の近道です。

 

そうなりたいなら、そういう環境に身を置き続けるのが何よりも近道となります。

 

でも、それには勇気が必要です。

「そうではない人達」とは、距離を置く必要があるからです。

 

それが出来ないから、いつも同じ人と付き合い

いつも同じ事を話し

いつも同じ話を聞き

いつも同じ自分なのです。

 

変わりたいのであれば、環境を変える事です。

 

理想の自分に近付けない環境であれば

自分で「NO」と付き合いを断る勇気も必要です。

 

人が環境を創り、人があなたを創るのです。