コーチングには、「奉仕」の精神が必要だと感じることがあります。

 

コーチングは、「100%相手のため」に行うコミュニケーションです。

 

例えば、奉仕の精神を無くして、「コーチ自身のため」という関わり方をしてしまうと…

その瞬間からコーチングは最大限の効果を発揮しないでしょう。

 

コーチの契約数を増やすため…

コーチがいい答えを言いたいため…

コーチの言うことを聞いてほしいため…

というように、「コーチ自身のため」という要素が入ってしまうのが一番の障害です。

 

だからこそ、奉仕の精神です。

 

「コーチのため」という要素を一切排除して…

100%クライアントのために行うコーチングが最高のコーチングなのです。