あなたの中に「逃げる」という選択肢はありますか?

 

逃げるというのはマイナスに捉えられます。

 

「嫌な事から逃げるな」

「きつい事から逃げるな」

そうやって教えられて育ってきた事でしょう。

 

しかし、逃げるという選択肢を持つ事も重要なのです。

 

特に、今の世の中を生きる上で

「逃げる」

という選択はとても重要なものになるでしょう。

 

人は、様々な仮面を被って生活しています。

 

上司の仮面…

部下の仮面…

旦那や妻としての仮面…

親の仮面…

そして、仮面を脱いだ自分…

 

あらゆる状況や人間関係の中で、常に仮面を変えながら自分のポジションを守っています。

 

しかも、スマホの普及により365日24時間、誰とでも繫がり…

SNS上では常に誰かから見られているような感覚があるでしょう。

 

いつ、どこで、誰と、どんな状況で…

そうやって変えていた境界線はどんどん失われています。

 

つまり…

これまでは仮面を変える「明確な境界線」があったのに

今は常に誰かと繋がっているからこそ「仮面を脱ぐタイミング」が無いのです。

 

テレビでよく報道される、LINEによるイジメは最たるものです。

「学校での生活」と「家庭での生活」には境界線があったはずです。

しかし、LINEは家に帰っても人間関係を縛ってきます。

本来「仮面を脱いだ本当の自分」であるはずの家庭にも、学校での人間関係によって境界線が壊されています。

 

その結果、逃げ道が無くなり、追い詰められるのです。

 

だからこそ、被りたくない仮面から「逃げる」という選択肢も必要になるのです。

 

常に繋がり、様々な環境の境界線が無くなっている現代では…

逃げる事はマイナスではなく、「賢い選択」であるのです。

 

本当に勇気ある選択とは

「我慢する」事よりも「逃げる」事なのです。