「過去」は、答えを見つける為の材料にはなりますが

過去に捉われるほど無駄な事はありません。

 

例えば、「自分がこれからどうすべきか」という事を考える時に過去からヒントを得るのは大事です。

 

しかし、ただ過去に捉われて

固執した考え方になったり、身動きが取れなくなるのは良くないでしょう。

 

だからこそ、過去に固執せずに捨てていきましょう。

 

あなたが昨日どうだったとか…

一年前に何を言っていたかとか…

昔どんな考え方だったとか…

そんな事は、迷った時の材料として思い出せばいいだけの事です。

 

最ももったいないのは…

過去の自分に固執して、今この瞬間を生きられない事なのです。

 

一年前のあなたと、今日のあなたは変化しています。

昨日のあなたと、今日のあなたは変化しています。

1秒前のあなたと、今のあなたは変化しています。

 

同じで在り続けるものなど無いのです。