人には誰しも、固定観念というものを持っています。

 

◯◯しなければならない…

◯◯はこうであるべきだ…

◯◯はきっとこうだ…

固定観念という「決めつけ」は、人間的な幅を狭めます。

 

固定観念に囚われている限り…

固定観念が強ければ強いほど…

他人に対する理解は難しくなるでしょう。

 

あなたにとっての正解は

他人にとっては必ずしも正解ではないのです。

 

むしろ、固定観念による正解は

ただの勘違いである可能性もあるのです。

 

それほど、固定観念というのは人の成長を妨げるものです。

 

自分を否定したくない気持ちも確かにあるでしょう…

自分は間違っていないと思いたい気持ちもあるでしょう…

 

でも、自分を疑うことをやめた瞬間に

人の成長は止まるのです。

 

自分の中にある固定観念に気付き…

それを受け入れ…

常にフラットな状態でいる。

 

固定観念は、あなたの頭の中にこびりついた「サビ」なのです。