「自分目線」に偏っていませんか?

 

特に、忙しい時やマルチタスクをこなしている時…

人は「自分目線」でしか物事を見る事ができません。

 

視野が狭くなるという事でもあります。

 

そうなってしまうと「気付く力」も鈍くなります。

 

例えば…

身の回りが散らかっていたり

周囲の事まで気が回らなかったり

他人の気持ちを雑に扱ってしまったり

そういった事にも気付かないような状態になります。

 

自分の視点では「出来ているつもり」なのに…

冷静に見渡すと「何かが抜けている」という状態です。

 

だからこそ、自分を客観的に見たり、俯瞰で見てみる時間が必要です。

バタバタと忙しくしている時ほど、自分目線を抜ける余裕が大事です。

 

その時間の一つがコーチングであったりする訳です。

 

今、あなたは冷静に周囲に気付けているでしょうか?

 

客観的に…

俯瞰的に…

第三者的に…

自分と周囲を見てみましょう。

 

空を飛ぶ鳥の目で自分を見たら

様々な気付きがあるでしょう。