僕はずっと
「お金の為に働くのはダメなことだ」
と思いながら働いていました。
収入が低くても、自分がやりがいを感じる事が大切だと思っていました。
そういう風に刷り込まれていたのかもしれませんが。
「金なんか関係ないと思うオレ、かっこい〜」
と思っていました。
でもそれは、稼げない自分を納得させる為の言い訳でしなかったです。
もちろんお金の為に仕事をする訳ではありません。
お金が目的になってはいけません。
目的とは志から生まれるものです。
お金を稼ぐのは、あくまで手段としてお金が必要だからです。
何の為に稼ぐのか…
どうやって稼ぐのか…
つまり、お金の入口と出口さえ間違えなければお金はあなたにとって最高のツールになるのです。
お金とはただの紙であり、銀行口座の残高はただの数字です。
その紙や数字に、どのような価値を与えるかは使う人次第です。
使う人次第で人の心も操れる悪魔の道具になる事もあり、誰かの事を救える天使の道具になるのです。
僕は、お金の話が汚い話だとは思いません。
そりゃもう、たくさん稼ぎたいです。
たくさん苦労して、
たくさん学んで、
その分たくさん稼ぎたい。
稼いだお金で、もっとレベルの高い学習をしたい。
稼いだお金で、今までお世話になった人に恩返しをしたい。
稼いだお金で、次の「人の為になるビジネス」に注ぎ込みたい。
芯にあるのは志。
その志の為に、お金に対して正しい価値を与えるよう心がけています。