コーチングとコンサルティングはよく同じ様な意味で捉えられがちですが、違いがあります。
コンサルティングとは
経営理論を持ったコンサルタントが、企業などのクライアントを分析し、経営上の問題点や改善点を指摘。改善方法を提示する事でクライアントの向上を図るものです。
答えはコンサルタントが理論として持っていて、その答えをクライアントに与える。
つまり、野球で言えばノックです。
ボールは常に打つ人から守る人へ…
ノックを受ける相手に対して、あの球この球と色んな打球を打つ事で相手を改善する。
そんなイメージです。
コーチングとは
対話を通して相手の言わんとする事をよく聴き、感じた事を伝えたり質問する事によって相手の自発的な行動を促し、目標達成や自己実現を目指すものです。
答えはクライアントの中にあり、コーチは答えを気付かせる事で自発性や能力を引き出す。
こっちは、野球で言うとキャッチボールです。
コーチがボール(質問)を投げ、クライアントもボール(答え)を返す。
そのキャッチボールを繰り返す事で、クライアントが自分の中にある答えに気付いていくよう促す。
コンサルティングはノック
コーチングはキャッチボール
ノックはボールを「与える側」と「受け取る側」に分かれます。
コンサルタントは「与える側」
クライアントは「受け取る側」
キャッチボールはお互いが与え、お互いが受け取ります。
つまり、目標達成に向けてお互いが「同じ目線」です。
なんとなく分かって頂けたでしょうか?
もちろんどちらの方法も現状をより良くする為には有効ですので、どっちが優れているとか言う話ではありません。
野球が上手くなる為には、ノックもキャッチボールもどっちも欠かせないのと同じです。
しかし、手法や効果は似て非なるものだと言うことです。