成功者は群れません。
成功者は成功したから群れないのではなく、群れないから成功したのです。
名前も売れずに貧しい頃は、誰もが群がりたくなります。
弱い草食動物や小魚が自分の身を守る為に群れるように、弱い人も群れを作りたがります。
群れるから成功しないのです。
弱い草食動物は一匹で群れから飛び出すと、強い肉食動物に襲われる事を怖がり怯えながら過ごします。
しかし、群れを作った途端に自分が強くなったように勘違いし、自分が大きくなったような錯覚をしてしまうのです。
だから群れの力を自分の力だと思い、努力を忘れて自分を磨く事を忘れてしまいます。
これは人間でも同じ事なのです。
群れの中にいる人は、常に同じレベルの人に囲まれる事で自分が今のレベルでいいと安心しています。
上のレベルの人に何か言われた時には、愚痴や不満として周りの人間と共に攻撃する事で安心感を求めます。
そうやって群れの中で安心して生きているから、いつまでたっても同じレベルなのです。
群れを離れようとすれば、攻撃されたり噂話をされるので、ますます群れを離れる事ができなくなります。
お互いの首を締め合い、レベルを下げあって生きていくしかなくなります。
成功者は、群れるのを嫌います。
群れる事が自分の成長を妨げる事を知っているからです。
群れないから常に成長する事を考えます。
群れないから自分の力を更に磨き、より強くなる事を求めています。
群れないから、同じように群れずに個の力を持った人間に出会った時にグンとレベルが上がります。
群れの中で生きるのは簡単なんです。
嫌われないようにすればとりあえず安心して暮らせます。
でも、お互いの傷を舐め合って1人になる事に怯えながら生きていかなければなりません。
成功する人は常にたった1人で事を起こします。
群れなくても自分で生きる力を身に付けていきます。
成長する事でしか安心は得られないのです。
力が付いたら群れを離れよう…では、いつまでたっても離れる事は出来ません。
群れから離れて1人で生きると決めたら、全ては成功に繋がるでしょう。