成功するには成功の積み重ねしかありません。

小さな成功体験をどれだけ積み重ねるか、それしかありません。

 

成功体験とは「自分との約束を守る」という事です。

例えば、毎日やると決めた事をやる…などです。

 

その「成功体験=自分との約束を守る」という事は、「成功する癖」をつけるという事です。

 

成功する癖が身につけば、自分を信じる事が出来るようになります。

何があっても自分には出来る。と思える事が自信です。

 

つまり、小さな成功体験を積み重ねれば成功するセルフイメージが身につくという事です。

 

野球でよく、勝ち癖と負け癖という言葉を使います。

強いチームは勝ち癖が付いていて、どんな不利な試合展開でも最後は勝ちに持っていきます。

一方弱いチームは負け癖が付いていて、どんな有利な試合展開でも最後は崩れて負けてしまいます。

 

これは、強いチームが成功体験を積み重ねているから最後は勝つという展開に持っていく事が出来るのです。

勝ちパターンを知っているのです。

 

小さな成功体験で勝ちパターンを身につければ、どんな展開になっても「最後は成功する」方向へと自分で方向転換できるようになります。

 

どんな小さい事でもいいです。

あなたが自分との約束を守れば、必ず勝ちパターンは見えてきます。

 

その為にまずやる事は、過去の成功体験を思い出す事から始めてください。

過去の成功体験を思い出す事で、思考回路に勝ちパターンの通り道を作ってあげればいいんです。

 

どんな小さな事でもいいです。

今すぐに出来る「自分との約束」が小さい事でいいです。

コツコツと成功体験を積み重ねて、自分に自信がついて勝ちパターンが身につけば、何をやるにも最後は勝つ自分が出来上がります。

 

自分との約束は勇気がいります。

自分に嘘はつけません。

だからこそ約束を守れた時のリターンは大きいです。