コーチングは90年ぐらいにアメリカで取り入れられるようになった人材開発の手法です。
日本ではまだまだ馴染みはないですが、アメリカでは企業や個人の成長に不可欠な存在として定着しています。
これまでの「高圧的な力づくでコントロールする」のではなく、「能力を引き出し、力を発揮させる」事がコーチの役割です。
これからは、スピードの時代です。
価値観が多様化し情報が溢れる中で、素早い変化に対応できる事が成長の条件です。
そんな中で、どうやって既に持っている力(知識、経験、能力)を見極めて使っていけるか…という事が求められています。
コーチという職業に限らず、コーチングのテクニックはこれからの時代に必ず求められます。
リーダーと呼ばれる立場にいる人は、特にコーチングのスキルが重要になってきます。
リーダーとコーチはイコールと言ってもいいと思います。
あなたが部下を持つ立場であればもちろん、自分自身をマネジメントする上でもコーチングは必要不可欠なのです。
make senseでは、コーチングスキルを身に付けたい方の相談にも対応しています。
これからの時代は「どうやって持っている能力を最大限に引き出すか」です。
どんなに素晴らしい能力を持っていても、それを引き出せなければ持ってないのと同じ事なのです。