僕はコーチとして大きな夢があります。
それを考えるだけでワクワクしてテンションが最高に上がります。
気付いている人もいるかもしれませんが…
実は僕、能力者なんです。
どんなに辛い事でも楽しい事に変換できるという能力を持っています。
だから、どんなにキツくても「また夢に近付いてる〜」と毎日ハイテンションで生きています。
でも、実はこういう思考になったのはつい最近からです。
それまでは、辛い事があると落ち込んで、元気も無くなり最悪の状態になっていました。
だから精神的にも弱くて「ガラスのハート」と呼ばれた事もあります。
すぐ心が折れる弱い人間でした。
以前の僕と、今の僕…1つだけ決定的に違う部分があります。
今の僕は「真の夢」を持っているんです。
「真の夢」とは、人の意見やアドバイスなど関係なく、自分の心の底から湧き出てくる本当の夢の事です。
自分の心の底から湧き出てくる夢は、絶対に折れません。
その夢を叶えるのは「自分との約束」だからです。
もちろんそれまでも夢はありました。
でもそれは、本気ではありませんでした。
「これぐらいだったらできるだろうな」という程度で考えていました。
妥協した夢だったのです。
人から否定されたらすぐ不安になって、折れて…
自分に約束できませんでした。
今はコーチングに出会い、コーチとしての夢があります。
「コーチングをやれ!」
「コーチに向いてるよ」
そんな事は誰にも言われた訳ではありません。
むしろ、「大分でコーチングなんかやって大丈夫!?」と心配される事の方が多いです。
でも、自分の心の底から湧き出て来た想いは、
「プロのコーチになって世界に出たい」
という想いです。
それは、自分との約束です。
誰になんと言われようが、関係ありません。
人から気持ちを折られそうになっても、折れません。
その人と約束した訳じゃないですし。
自分との約束だから、辛くても絶対に折れない。
折れないから絶対に約束は守られます。
つまり、夢は叶うのです。