今日はセミナーと異業種交流会に参加してきました。

 

こういうのに参加するといつも思うんですが、人と違う事しないとダメだな〜って。

 

どれだけ「人と違う自分をアピールするか」です。

 

だって、ちょっとぶっ飛んでないと記憶にも残らないんです。

 

一生懸命に丁寧に自己PRして良い印象をあたえても、残らないと意味がないんです。

 

どうせ残らないなら、「こいつ頭おかしいぞ!」ってインパクト残した方が絶対に次に繋がります。

 

コーチングを始めたばかりの頃は、「コーチしてます!」と言っても「なんですかそれ?」って言われる事が不安だったりしました。

「ああ、コーチングでやっていくのって難しいんだ…」

と、ショックの連続でした。

ガラスのハートだったので。

 

そこから丁寧にコーチングについて説明して、「良いお仕事ですね〜」とお決まりのセリフを言われて、結局なにも残らない…

そんなことばかりでした。

 

でも今の僕は「コーチングってなんですか?」って言われたら、心の中でガッツポーズしてます。

で、その場でコーチングしてあげます。

 

今日のセミナーも大成功されているコンサルタントの先生が講師だったのですが…

その先生を差し置いて、コーチングしました。

 

講師であるコンサルタントの大先生を差し置いてコーチングする…

みんなコンサルタントの話を聞きに来たのにコーチングを受けて、テンション上がって帰っていきました。

 

これが大事ですね。

 

これで今日僕と名刺交換された方は、必ず僕の事を覚えてくれています。

「どうせ」覚えてもらえないなら、思いっきりぶっ飛んだ方がいいんです。

 

人生も「どうせ」ですよ。

 

どうせ今のままなんとなく終わるぐらいなら、可能性に全力でチャレンジして盛大にインパクト残した方がいいんです。

 

どうせいつか終わるなら、人と違う最高の人生にしましょう。