成長するには何かを変える必要があります。

何かを変えるという事は、挑戦する事とイコールだと思うんです。

 

挑戦するのってすごく勇気が必要ですよね。

 

でも、そこに飛び込んでしまえば何も怖くないんです。

 

僕が大学の野球部に入るときに「野球部でやっていく為のメンタル合宿」がありました。

僕が入った大学の野球部は部員が200人いました。

同級生は約70人でした。

 

同級生の中には、甲子園ボーイやプロ注目の選手も多くいました。

 

4泊5日の合宿で、僕は「やばい所に来た」と思いました。

身体も大きい、有名な選手ばかりの中で「絶対にやっていけない」と思いました。

 

でも、実際にその中に入ると何も怖いものはありませんでした。

 

野球のプレーや実績は、もちろん評価の対象になります。

それでも、その前にあるのは「人間性」です。

 

何を考えるか、どういう行動をするか、そういう人間性の勝負になります。

 

いくら野球の素質が優れていても、人間としての中身が人の心を動かすのです。

 

どんなビジネスでも、人間関係でも、表面だけではメッキは剥がれるのです。

 

もしチャレンジする勇気がなかったり、チャレンジする事が怖くても大丈夫です。

 

勝負どころになった時に、大事なのは人間性です。

 

遠くから見ると、なんでも大きく見えます。

でも、近くに行くと意外と小さかったりするのです。

 

それは、思い切って飛び込んだ人だけが実感できる事なのです。