僕は基本的に悩みを人に相談しません。

悩みを話すのは、コーチングの師匠と本音を打ち明けられる人が1人いるだけです。

よく言われるんです。

「1人で抱え込むときつくないですかー?」って。

そりゃキツイです。

でも僕は自分の中だけで処理して解決するようにしています。

 

なぜなら、「孤独が自分の哲学を作るから」です。

 

悩みは人に話すとものすごく楽になります。

話すだけでスッキリして解決することもあります。

でも、僕はそれを簡単にはしません。

まずは自分の答えが出るまでとことん向き合います。

その答えが「自分の哲学」になるんです。

 

ブログを毎日書いていますが、「よくそんなに書くことあるな〜」と言われます。

なんで毎日毎日書けるかというと、それだけ自分と向き合って自分だけの哲学を見つけてきたからです。

 

今日イチロー選手が、日米通算で安打記録を更新しました。

インタビューでこう答えていました。

「人に笑われて悔しい思いをしたが、それを塗り替えてきた自負がある」

イチロー選手がメジャーに行ったばかりの頃、イジメにあっていたそうです。

挨拶を無視されたり、ロッカールームでわざと聞こえるように悪口を言われたり…

当時マリナーズには同じ日本人の佐々木投手がいましが、その佐々木投手にも一切弱みを見せずに1人で戦っていたそうです。

その孤独がイチロー選手をここまで育てたのだと、僕は思っています。

 

普通であれば、孤独になるのを怖がって頭を下げても受け入れてもらおうとするところを、

それを拒否してまで自分と向き合って、自分だけの哲学を築いたのです。

だからイチロー選手の言葉には「重み」があります。

 

成功者はみんな孤独です。

自分と向き合って、孤独と戦って、不安の中で見つけた答えが「自分の哲学」です。

その哲学に人はついてきます。

 

目の前の悩みにしっかりと逃げずに向き合う。

そこで出た答えは、あなたにしかない重みのある哲学になります。

さらに、その哲学を共有して更に気づきを与えてくれるメンターの存在がいれば、あなたの可能性はさらに飛躍するでしょう。