僕は今、自分にしか与える事ができない価値を与える事ができている自負があります。

コーチとして、自分の経験や頭の中にあるものを駆使して価値を提供しています。

仕組みも方法も、自分で考えて価値を生み出しています。

 

僕が「銀行を辞めます」と言った時、

ありがたい事に、支店長や銀行の方々に止められました。

辞めると言って9ヶ月間も「考えなおせ」と言って頂きました。

決意が揺らぐ事はありませんでしたが、自分の決意に後悔は無いか何度も考えました。

色んな方に相談して、止められたり応援されたり…

そんな中で辞めるという事に葛藤もありました。

 

でも僕が銀行を辞めた後も、銀行はちゃんと回っていました。

僕の後任もちゃんといました。

そんなの当たり前なんですが。

 

僕の代わりは、ちゃんといました。

 

惜しまれても、「お前しかいない」と言われても、ちゃんと代わりはいました。

 

そりゃそうです。

売る商品も、売り方も、提供する価値も、お客様が求めるものも、ある程度は決まっているからです。

言ってしまえば、「覚えれば誰でもできる」事をやっていただけだからです。

僕は、自分にしかない価値を提供できていませんでした。

 

人生にあなたの代わりはいません。

 

経営者でも、サラリーマンでも、仕事をしていなくても、あなたにしか出来ない事が必ずあります。

 

誰にも代わりが出来ない、あなただけの人生があります。

 

あなたにしかないエピソード

あなたにしかない哲学

あなたにしかない言葉

あなたにしかない行動

 

そこに目を向けると、あなたは唯一無二の存在として人を惹きつける輝きを放つのです。