5年後、10年後の自分がどうなっているかなんか誰にも分かりません。

世情も社会も政治も自分の事も、どうなるか予想したところで「分からない」というのが答えではないでしょうか。

予想は出来ても、5年10年経たなければ答えは分かりません。

 

僕も5年前は、銀行に入行したばかりの時です。

その時に、5年後の自分がコーチとして起業しているなんか想像していませんでした。

銀行を辞める事すら想像していませんでした。

 

たった5年先の事ですら、分からないのが人生です。

 

よく相談を受けるのが、

「○年がんばって何か始めたい」

「○○歳になったら転職するつもり」

 

気持ちは分かりますが、その人達はたぶん何もしません。

 

物理的に「今すぐには無理」という事はあるでしょう。

資格が必要であったり、免許が必要であったり…それは仕方ない事かもしれません。

でも「今すぐには無理」という理由が、精神的なものであったり、自分の想像で言っている事であったりする場合がほとんどです。

 

今行動を変える事ができずに、数年後の自分が変わっていると思いますか?

きっと数年前の自分も同じように

「○○歳になったら…」

「○年がんばったら…」

そうやって言っていませんでしたか?

 

「準備ができたら…」

「経験を重ねたら…」

条件付きの行動を考えても、条件なんか揃いません。

 

本気でやる人は、出来る事からとっとと始めています。

準備が必要なら本気で準備をしています。

経験が必要なら経験を積める行動をしています。

 

条件付けて、自分のタイミングで行動するのはいいんです。

ただ、その理由が「言い訳」になっていませんか?

行動できない自分に「始めるにはまだ早い」と慰めるように言い訳していませんか?

 

5年先、10年先どうなっているか誰にも分かりません。

ただし、一つだけ確実な事は…

「言い訳して何も行動しなければ、今と何も変わらない」という事です。

 

どうせ誰にも分からない未来なら、せめて自分の可能性ぐらいは信じてみませんか?

どうせ分からないなら、とんでもない最高の自分になっている事だってあるのです。

 

その、想像力を働かせて行動した人だけが成功するのです。