ネットやなどで起業について調べると「起業して5年後も会社が存続しているのは15%」だそうです。

ちゃんとしたデータに基づいているので正解だろうし、数字で見ると起業するなんか狭き門だと思いますが…

僕は、自分でビジネスを始めて成功するのは数字で見る以上に簡単な事だと思うんです。

 

だって「本気の人」なんかめちゃくちゃ少ないですよ。

だから本気でやれば自分でビジネスを始めて成功する事は難しくないです。

ただし「本気の人」だけです。

 

僕は銀行員の時から色んな経営者さんとお話してきましたが、本気で何かをやろうとしている人なんか数える程しかいませんでした。

学生の頃から野球をしていても、野球を通して本気で何かを掴もうとしている人なんかめちゃくちゃ少ないです。

 

多くの人は「本気でやってるつもり」になっているだけで、「惰性」で生きています。

 

もちろん目の前の事は一生懸命してると思うんです。

でもまだまだやれるでしょ?って思うんです。

 

仕事がない、売上げが上がらない、お客さんがいない、実績が上がらない、景気が、需要が…

そういう人に限って何もやっていないんです。

本気で考えていないんです。

本気で考えたら「方法は100万通り」あるんです。

本気の人は、それを全部試していくから必ずどこかで正解に当たります。

 

実は、コーチングで起業するなんかクレイジーな事なんです。

コーチングで起業した場合の成功率はかなり低いです。

ネットなんかで調べようものなら本当に心がへし折れます。

 

でも僕は実際にコーチングで生計を立てて、僕のコーチングを受けたいという人達が続々と連絡をくれるようになりました。

 

経験ゼロ、ノウハウゼロ、資金ゼロ、人脈ゼロ、認知度ゼロ…

なのに起業して半年でここまで形を作ることができました。

その反面、スクールに通って資格も取ってノウハウを学んでコーチングを始めても上手くいっていない人の方が多いんです。

 

なぜでしょうか?

「本気」だからです。

 

「あれがない」「これがない」と言い訳する前に、100万通りの方法を一つずつ実践しているからです。

 

それが結果として表れ始めたというだけです。

 

「やっぱりコーチングで起業するのは難しかったな、諦めて安定した仕事を探そう」

たった半年間で、そう思って諦めるタイミングなんか腐る程ありました。

これからもっと折れそうになる事があるかもしれません。

でもそこで問われるんです。

 

「お前は本気の人間か?惰性の人間か?どっちだ」と。

 

そこで手を挙げて「本気です!」と言って新たな行動を起こす人は少ないです。

 

誰でもやればできるんです。

でも、実際にやる人は少ない。

 

何もやらない人は失敗するし、何かをやった人は成功を掴みます。

 

ただ、それだけです。