世の中に「人生を変えたい」って思う人は腐るほどいます。

僕は「気持ち1つで人生を変えられる」と思っています。

 

今の世界を抜けて、自分らしい世界を求める人は多いです。

でも出来ないんです。

なぜなら「土台」がないから。

一部の人たちは、土台がなくても自分でどんどん抜けていきます。

でもほとんどの人は、自分だけでは抜けきれないんです。

 

思い切ってチャレンジしようとしても「土台」がないんです。

 

「あなた今まで何してきました?」

「あなたの実績はなんですか?」

「今までのあなたはどういう人間ですか?」

 

何かにチャレンジしようとすると、過去過去過去…ですよ。

過去や今現在がダメなら門前払いです。

僕もやりたい事が色々あってどうやって始めようと相談に行ったりしましたが…

「ん〜、実績がないから…就職してとか実績と経験を積むことも考えたら?」

って言われた事があります。

 

まあ、そりゃそうなんですけどね。

当たり前の事です。

今結果が出ていないのにこれから良くなるとは考えにくいです。

でも、その当たり前を変えたいじゃないですか。

 

だって何かにチャレンジしようとする人は「未来を変えたい」と思っているんです。

 

過去が素晴らしい人を応援するのって当たり前じゃないですか?

 

じゃあ過去がダメな人には何もないのか?

そんな事ないんです。

「過去を活かす方法」を知らないだけです。

だったらそれを引き出してあげればいいだけの話です。

今までダメだった事をどうやって未来に繋げるのか、可能性を引き出してあげればいいんです。

だって可能性のない人なんかいませんから。

 

僕のところに相談に来た方でこんな人もいます。

「起業したくて支援機関に行ったんですが、ダメって言われて諦めかけてるんです…」

ダメってなに?って思います。

ダメとかないし。

今考えてる事業計画書がダメなら、どうやったら上手くいくのか可能性を見つけていけばいいんです。

やり方なんか無限ですよ。

 

僕はまさにそういう人を救いたいんです。

だからコーチング。

ダメな過去から劇的に変わる可能性を引き出したいんです。

 

出来ていない人に対して「キミできないね〜」って言うことは誰にでもできるんです。

僕がやりたいのは、出来ていない人に対して「ほら出来たじゃん」って言いたいんです。

それが言えるようなるのがコーチングです。

 

今は僕の力なんか微々たるもので…どうがんばってもコーチングを受けに来てくれた人しか救えません。

でもこれからコーチングがもっと普及していくと思っています。

 

「うわ〜、俺にもできた!」

「チャレンジしたら変わるじゃん!」

「気持ち1つでここまで出来た!」

 

そんな世の中最高じゃないですか?

どんなに失敗しても、みんなギラギラして生きてる。

 

人が人を評価する世の中なんかおかしいです。

上も下もない。

みんな正解。

みんな正義。

ただ、能力の使い方を知らないだけなんです。

能力の使い方をコーチングしてあげれば解決する話です。

過去を評価するんじゃなくて、可能性を賞賛する世界。

 

これを事業計画書にして支援機関に持って行ったら「ダメ〜」って言われるでしょうけど。