満足していないという事は「改善の余地がある」という事です。

つまり、そこに可能性が眠っているんです。

 

ビジネスで言えば、「業界」「自分の会社」「そして自分自身の仕事」

個人の人生で言えば、「仕事」「収入」「家庭」「人間関係」

 

どれをとっても「満足度100%」という事はほとんどないでしょう。

という事は「改善すればもっとよくなる可能性がある」という事です。

 

そう考えると、「やり尽くした」という事もほとんどありません。

 

成長に終わりは無いんです。

 

例え、衰退期を迎えたと思われる業界や企業でも…

必ず「改善できる」「誰も目を付けていない」ポイントがあります。

 

可能性は眠っています。

 

あの幸せの国ブータンでさえ「100%幸福」とはなっていません。

可能性ありますよね。

 

その可能性にチャレンジしていきたいんです。

同時に、その可能性を見つけようとする人やチャレンジしようとする人をコーチとしてサポートしたいんです。

 

出来る事はまだまだあります。

 

漫画スラムダンクで「諦めたらそこで試合終了ですよ」という名言があります。

 

諦めた瞬間終わるんです。

 

諦めなければ何か出来ます。

 

1つチャレンジして失敗と言われても…

次にチャレンジして成功したらいいじゃないですか。

その為に今何ができる?

 

人生悟ったふりして、クールに分析してる場合じゃないですよ。

 

「あいつはすげー」

「あいつはダメだ」

あいつは…

あの人は…

あのやり方じゃ…

 

人はどうでもいい。

 

どんなに成功者になろうが、地位を得ようが、人の事を評価していい人なんかいません。

 

大事なのは、今自分が置かれた状況の「可能性を信じること」ですよ。

 

可能性を信じて行動してみる。

小さくてもチャレンジしてみる。

 

どんな結果になろうが、そこで何かを感じ取れば成功に繋がります。

 

諦めてませんか?

 

まだやり尽くしてないでしょ?

 

まだ出来る。

 

何ができる?

 

何から始める?

 

その小さな一歩の積み重ねが、大きな成功に繋がります。