コーチングの方を何冊読もうが…

コーチングスクールに通おうが…

実践で経験を積まなければ技術は向上しません。

コーチングする際には「仮説」を立てます。

この「仮説」を立てる能力がコーチングの技術でありセンスです。

コーチングでは悩みや目標、相談内容をテーマに…

「ここがポイントかもしれない」

コーチングの落としどころはここかもしれない」

「これに気付いたら変わるかもしれない」

というように、勝手に仮説を立てしまいます。

そして、その仮説に沿って質問を投げかけていきます。

仮説通りにいく事もあるし、

仮説とは全く違う結果になる時もあります。

それは実践でしか培われません。

仮説は「カン」が命です。

「勘」であり、

「感」であり、

「観」です。

いくら知識を詰め込んで、上手くコーチングしようとしても…

人には響きません。

相手は毎回違います。

同じ相手でも、日々変化しています。

同じノウハウで対応しようとしても、そこには答えはありません。

コーチが自分の中にある知識ばかりに目を向けてはいけません。

大事なのは、相手を感じて、観じて、勘じる事です。

それらは、本気の実践の中でしか生まれません。

今日の質問はこちら!

「相手の問題を解決する為に、やるべき事はなんですか?」

質問の答え、コーチングの相談、ブログの感想などお待ちしております(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【LINE友達追加の方法】

http://line.me/ti/p/@bsb6486i

LINE@ID : @bsb6486i

-----------------------

URL : http://kyoheyyyy.wix.com/make-sense

TEL : 080-5210-9061

MAIL : kyoheyyyy@gmail.com