成功している人や、何かを成し遂げていく人は「個性的」に見えます。

個性のある人ってかっこいいと思うので…

自分も個性的であろうとして無理した事がたくさんありました。

コーチングしていても、よく聞きます。

「自分には個性が無いんです…」

「自分はキャラが薄いんです…」

「自分というものが無いんです…」

それ自体が悩みの人も多いです。

僕自身も、起業する前は

「起業して成功する人は、自分を持ってる人だ」

「普通の人には理解できないような考え方じゃやいといけない」

とか…

人生がうまくいくのは「普通の人とは違う人」だと思って行動できませんでした。

でも、そんな事も言ってられず見切り発車で起業しました。

そして、今になって思う事があります。

個性は作るものじゃなくて、滲み出てくるものです。

結局は、ありのままの自分がそのまま個性だという事です。

全く同じ人生を送ってきた人はこの世に1人もいません。

どんな人でも、その人だけの人生を送っています。

だから、存在自体が個性的だという事です。

そもそも、

個性的になろうとか

自分らしくとか

それを考える事自体が無意味です。

別に優れた人間である必要はないんです。

何かに向かって成長しようとしたり…

強くなりたいけどなれない弱さだったり…

良い部分も悪い部分も「自分だ」と受け入れてみる。

その葛藤や人間臭さを、周りの人は「個性」として捉えるのではないでしょうか。

作る必要はありません。

そもそも個性的です。

今日の質問!

「あなたが個性的だと思うのはどんな人ですか?」

------------------

質問の答え、コーチングの相談、ブログの感想などお待ちしております(^^)

LINE@ID : @bsb6486i

TEL : 080-5210-9061

MAIL : ms-coaching@ezweb.ne.jp

URL : http://kyoheyyyy.wix.com/make-sense